リウマチの治療方法|節々の痛みを全て払拭

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

関節の痛みを和らげる成分

老人の男性

軟骨成分を補う方法

加齢や激しいスポーツで膝などの関節に痛みが生じる関節炎や変形性関節症は、関節に炎症が発生することが痛みの原因となっています。同じように関節の痛みや腫れが生じる病気に関節リウマチもありますが、こちらは免疫の異常によって関節に炎症が生じる自己免疫疾患です。単なる関節炎や関節症と関節リウマチでは原因がまったく異なるため、病院を受診した際の治療法も違ってきます。整形外科での治療を要する関節炎や関節症と比べ、関節リウマチは内科的治療が主になるのです。その一方では関節リウマチも、関節に炎症が起きているという点で外傷的な関節炎と共通しており、痛みを緩和する治療法では大きな違いがありません。関節リウマチの治療は炎症と痛みを抑えるための対処療法と、抗リウマチ薬など免疫の異常を改善させるための治療とに大別されます。ただし対処療法としてよく使われるステロイド薬は、長期間の使用で副作用が生じる場合もあります。副作用が心配な人の間で人気を集めているのは、グルコサミンやコンドロイチンなど軟骨成分をサプリメントで補う方法です。サプリメントは薬と違って重い副作用の恐れもないため、安心して長期間飲み続けられるのです。

炎症を抑える成分

関節リウマチの症状が進行してくると、誤作動を起こした免疫細胞の攻撃によって骨や軟骨が壊されてしまいます。そのままにしておくと関節が変形する恐れもありますが、軟骨成分のコンドロイチンやその材料となるグルコサミンを補うことで再生が促されます。コラーゲンもまた骨や軟骨の材料となりますので、配合サプリメントが症状改善に役立つ可能性はあります。ただしその場合はII型コラーゲンと呼ばれる種類が配合された製品を選ぶことが重要です。コラーゲンにもI型からV型まで5種類がある中で、軟骨や角膜などの材料となるII型コラーゲンを摂取すれば免疫細胞の誤作動も起きないのです。関節の炎症を抑えて痛みを緩和させる目的では、オメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸の摂取も有効です。青魚に多く含まれるDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸には炎症抑制効果があって、関節リウマチの症状緩和に期待できることが認められています。日頃の食事で魚が不足しがちな人でも、DHAやEPAはサプリメントから容易に摂取できます。薬よりも作用が緩やかで吸収効果の高いサプリメントを上手に利用すれば、リウマチ治療薬との相乗効果で症状改善が早まるのです。

高濃度な水素水の作用

水と女の人

高濃度水素水は、老化を早める活性酸素を除去するので若返りに良い水であると言われています。疲労感が強い時や紫外線を浴びる時に優先的に飲むと良いでしょう。水素は空気中に抜けやすいので、すぐに飲みきることが大事です。

Read

活性酸素を抑制しよう

ウォーター

身体のサビを防いで若々しい身体を維持してくれるのが活性水素水です。抗酸化力を上げるだけでなく、不要物を排出して本来の健康体に導いてくれます。自律神経・ターンオーバーも整えて、原因不明の症状を解消するためにも役立ちます。

Read

痩せる効果が高いお茶

お茶

杜仲茶は、痩身効果があるのでダイエット茶として優れています。元々杜仲茶に含まれる成分には、エネルギー代謝を良くする働きがあります。一日に消費されるエネルギーが自然と増えるので、簡単に痩せられると言うわけです。

Read